抜け毛の原因って何?

 

髪の毛が抜けるというのはいやなものです。通常、人間の髪の毛は毎日抜けるものですが、自分の親の髪の毛が薄い・・おじいちゃんが禿げているなんて言う場合、やはり、自分もはげるのでは?と、心配になりますよね。

 

最近は、女性も抜け毛を心配される方が多くなりましたが、抜け毛の原因というと、どのようなことがあげられるのでしょうか。まず、遺伝ですが、必ずしも親の髪の毛が薄いから子供も薄くなるということはありません。しかし、遺伝によって、抜け毛の原因となる「5αダクターゼ」の量が多い場合、薄毛になってしまう原因となるようです。

 

シャンプーやリンス、育毛剤などの使用方法が間違っているという方も多いです。正しいシャンプーを行って、しっかりすすぎをしてから育毛剤をつけるべきで、シャンプーやリンスのすすぎが十分でない場合、シャンプーカスなどが頭皮に残り、育毛剤などが浸透せず、よけいに頭皮に悪い状態を作り出すということも考えられます。

 

そのほかにも、脂質の多い食べ物、偏った食生活、寝不足など生活習慣の乱れが、抜け毛に大きな影響をもたらすといわれています。また、女性に多くなった抜け毛の原因に、ストレスも挙げられています。ストレスを感じると、ホルモンバランスが大きく崩れますから、それが抜け毛に結びつくことが分かっているのです。喫煙、紫外線、帽子、ヘルメットなどが影響する場合もあります。

 

自宅での育毛剤とAGA治療どっちがいい?

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

保険適用外ですので、全額実費となりますが市販薬よりはるかに効き目があるのでおすすめです。

でも、プロペシアは副作用が怖いという人にはミノキシジルというAGA治療を使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもAGA治療薬として認められているので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには内服薬と頭皮に塗布する外用薬があるのですが、日本でAGAの治療として認められているのは塗り薬の外用薬だけです。

AGAは男性ホルモンにより発症するのですが生活習慣や食生活にも大きく影響されるということをご存知でしたか?人間の身体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれますから健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪の毛に必要な栄養も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流の改善に努めなければいけません。

ストレスや冷え、運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙も血管を収縮させるため薄毛治療の妨げとなります。

頭皮がうっ血してしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

AGAは成人した男性に現れる脱毛症で女性は発症しません。

脱毛する原因は男性ホルモンにあり治療方法は男性ホルモンを抑制する薬品を使うことになります。

AGAの治療にプロペシアという薬品が使用されますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAが原因の脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため全体的に細く短い頭髪が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんので根本的に完治するものではないということをしっかり認識しておきましょう。

ですから、AGA治療を中止や休止すると再び進行しはじめてしまいます。

とはいえ、AGA治療薬も医薬品のため副作用の可能性は否定できませんので一生使い続けるというのも心配がありますしお金もずっとかかることになります。

ですから、ある程度の所まで発毛して薄毛が改善したらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛(副作用の1つ)を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるなんて薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛が発症したということは効いている証拠ですので心配する必要は全くありません。

初期脱毛で抜ける毛というは細く弱い不健康な髪の毛のためそれらが抜け落ちた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるのです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症しミノキシジルをでも同様の副作用があります。

AGAは遺伝の影響を強く受けるので治療で完治するものではありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので遺伝子を操作しない限り、AGAは一生モノなのです。

ですから、AGA治療をやめてしまえば抜毛や薄毛は復活してしまうのです。

そうは言っても、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのも問題があります。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますからライフステージの節目がやめどきだと思います。

AGA治療は保険適用外なので費用は100%全額自己負担です。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用が掛かってしまうのが普通でした。

又、保険適用外の医薬品は市販の市販薬と同じ扱いとなるため値段は各販売店で自由に設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品ではありますが価格差が生じ販売店によっては数千円の価格差も生じるのです。

また、処方箋を出してもらうためには診察を受けなければいけませんので再診料や診察料も都度発生します。

AGA治療を受けてみたいと思っているけど何科を受診すれば良いの?と思っている人もいるかと思います。

AGAを治療するには基本的には投薬治療がメインとなりますので内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

ただし、病院によってはプロペシアを処方してくれないところもありますので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が間違いはありません。

中には街の調剤薬局で買うよりはるかに安い価格で薬を処方してくれたり、メソセラピー治療も受けられるクリニックもあるので専門クリニックの受診をお勧めします。

AGAの治療は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の先生に診察してもらうことをおすすめします。

参考:育毛剤は効果ある?男性におすすめランキング3選【私の写真付体験】

皮膚科で処方される薬は医薬品になりますので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬は保険が適用されないので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤をいつまでも使うよりは確実に結果が出ます。

それから、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすることを心がけることでぐっと効果が高まるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや食生活を見直してみると良いでしょう。

AGA治療薬として定番のプロペシアは病院で医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

医薬部外品のようにドラッグストアで販売されておらず保険が使えないので価格が高いことが難点でした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたので従来の半額以下で同じ効き目の薬品を手に入れる事が可能になりました。

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の発売開始から一定期間の後に開発される薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使って作られる薬の事です。

先発医薬品で成分の有効性は実証されていますから新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

ですが、どんな薬にも副作用があるので服用前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も重いものは肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

又、プロペシアはそもそもが前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

他にも長期間服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱の発症も副作用として起こり得るとされています。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる内服薬を使いDHTの生成を抑えることで薄毛改善を目指します。

他にはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促進して細胞分裂を活性化する治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

AGA治療のコマーシャルに起用された最初の芸能人といえば芸人のお二人でしたよね。

芸人の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ〜」という歌は毛髪の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやアーティストの方もCMに起用されることでAGA治療に踏み出しやすくなったと思います。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので、育毛しなくて良いのでは?と違和感を感じてしまいますが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。

AGA治療に本気で取り組む方は日々の生活習慣にも気を付けなければいけません。

毎日忙しいからと言ってファストフードやコンビニ弁当では栄養が偏ってしまうのはもちろん、塩分が多くと血行不良になってしまうことも。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もしっかり摂って抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに多く含まれていて亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれていますよ。

緑茶には血圧の上昇を抑えてくれる効果だけでなくリラックス効果も高いのでストレスの軽減にも効果的です。

AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルが配合された塗り薬があります。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて指示書や処方箋をもらわないと買う事ができません。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも配合されている成分なので医師の診断が無くても買う事ができます。

ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますが偽物を掴ませられる可能性がありますのでお勧めできません。